公益財団法人 日本生命済生会 日生病院

〒550-0012 大阪市西区立売堀6丁目3-806-6543-3581

文字サイズ標準font_btn_l

公益財団法人 日本生命済生会 日生病院
検索

中央臨床検査部

当院では臨床検査部門を中央化しており、病院内の各部門はもとより、ニッセイ予防医学センターでの人間ドックや検診などのニーズに応えられるように連携し日々努力しております。検査部門は大きく検体検査部門と生体検査部門とに分かれております。

<Ⅰ>検体検査部門

検体検査部門には、以下の検査室がありそれぞれの検査室が連携して業務に当たっています。

1.生化学検査室 一般検査・血清・輸血・凝固線様溶機能検査などを担当
2.血液検査室 血液・化学療法内科の開設で重要性の増した室
3.細菌検査室 病院内の感染対策の拠点として活躍している
4.病理検査室 腫瘍の診断・治療に欠かせない

平成17年10月より臨床工学室(ME室)を中央臨床検査部の一部門として開設しております。多様化する医療機器の点検・検査をはじめ機器の統一や計画的な医療機器の更新・拡充など院内各部署からの要請に応えています。

<Ⅱ>生体検査部門

生体検査部門は平成18年4月より従来の循環器生理機能検査室、超音波検査室、脳波筋電図検査室を統合して超音波生理機能検査室として運用しています。
現在スタッフは水口洋一技師長以下、臨床検査技師・臨床工学技師が業務に当たっています。
質の高い検査結果を得るための精度管理にも力を注ぎ、日本医師会・大阪府医師会の臨床制度管理調査に30数年にわたって毎年参加しており、優秀な成績を収め続けています。
検査オーダーに対する即応性を高めて迅速検査管理体制を敷き、時間外診療における緊急検査にも対応しています。
当院の輸血業務の一元化についても、輸血検査から輸血管理までを安全かつ迅速に行う輸血管理体制を確立いたしました。

以上のように、患者様が当院での診療を安心して受けていただけるように各部門を支えるべく日夜努力しております。

中央臨床検査部長 小瀬戸 昌博

部長、総合内科担当部長 小瀬戸 昌博(医師)
専門部長 箭野 文秀(医師)