1. トップページ
  2. 当院について
  3. 院内感染対策指針

院内感染対策指針

院内感染の定義と対策指針

院内感染の定義

院内感染とは医療施設で患者が原疾患とは別の新たな病原微生物に罹患した感染症をさす。患者のみならず、医療従事者が医療施設で感染した場合も含む。また、退院後あるいは病院外で発症した場合であっても、医療施設での病原微生物接触に起因した場合も院内感染に含まれる。

院内感染防止に関する基本的な考え方

職員は院内感染の防止に留意し、感染症が発生した際には、拡大防止のため速やかに原因を特定し、制圧そして終息を図らなければならない。全ての職員が院内感染防止対策を十分に把握し、病院の理念に則った医療を提供できることを目的として、本指針を作成する。

院内感染対策のための組織

院内感染はさまざまな要因が複雑に関連して発症する。このため、全職員が職種横断的に協力し予防や対策を効果的に行う組織として、院内感染対策委員会、インフェクションコントロールチーム(ICT)、ICTリンクナース ならびに抗菌薬適正使用支援チーム(AST)を設置する。

  • 院内感染対策委員会
    当院における院内感染対策に関する意思決定機関として、各部門からの構成員で組織し、毎月1回委員会を開催する。感染の発生状況や抗菌薬使用状況の把握、院内環境の調整および感染症発生時の対策等、院内感染対策に関するすべての事項について検討する。さらに、感染防止対策を行っている他の医療機関と合同カンファレンスを開催し、地域における感染防止対策に関する連携を推進する。
  • ICT(インフェクションコントロールチーム)
    感染対策の実働組織として、迅速に院内感染の現状把握に努め、アウトブレイクの予防・特定・制圧はもとより、院内巡視の実施や院内で統一した感染予防対策の周知や啓発等を実施する。
  • ICTリンクナース
    ICTの下部組織として各部署の看護師(リンクナース)から構成され、院内感染サーベイランスの実施に伴う調査や院内感染対策委員会等で決定された事項について周知徹底し、現場での指導と教育にあたる。また、日常業務の中から、より安全かつ効率的な感染予防対策の提案や検討を行なう。
  • AST(抗菌薬適正使用支援チーム)
    感染症治療の早期モニタリングとフィードバック、微生物検査および臨床検査の利用の適正化、抗菌薬適正使用に係る評価、抗菌薬適正使用の教育・啓発等を行うことにより抗菌薬の適正な使用を推進する。

院内感染対策のための職員研修

  • 職員研修として、全職員を対象に教育講演を年2回開催する。また、必要に応じて随時開催する。
  • 研修の開催結果は、記録を保存する。

感染症の発生状況の報告

耐性菌や市中感染症等の院内発生に伴う院内感染拡大を防止するため、感染症の発生状況について病院運営委員会を通じて全職員に速やかに周知する。

院内感染発生時の対応

  • 院内感染発生時は、発生した部署の職員が直ちにICTに連絡する。ICTはその状況および患者への対応等を病院長ならびに院内感染対策委員会に報告する。
  • 発生部署の職員およびICTは、速やかに発生の原因を究明し、改善策を立案し、実施する。
  • 院内感染に対する改善策の実施結果は、院内感染対策委員会を通じて速やかに全職員に周知する。

患者等の本指針の閲覧および感染防止のための協力の依頼

  • 本指針は、患者または家族が閲覧できる。
  • 患者に対しては、疾病についての説明とともに、感染防止の意義および基本的手技(手指衛生、サージカルマスクの使用等)についても説明し、理解を得た上で協力を求める。

その他

  • 全職員は自らが院内感染源とならないためにも、定期健康診断を年1回以上受診し、健康管理に留意する。
  • 院内感染防止のため、職員は各職場に共通の感染対策マニュアルを遵守する。
  • 感染対策マニュアルは必要に応じて見直し、改訂結果は病院職員に周知徹底する。