公益財団法人 日本生命済生会 日生病院

〒550-0012 大阪市西区立売堀6丁目3-806-6543-3581

文字サイズ標準font_btn_l

公益財団法人 日本生命済生会 日生病院
検索
  1. 日生病院ホーム
  2. 診療科・センター
  3. リハビリテーション科

リハビリテーション科

日生病院では、リハビリテーション診療はこれまで整形外科部長がリハビリテーション科と兼任されてきました。平成29年4月より平林が赴任して、リハビリテーション医療(診療とリハビリテーション練習)を専門に開始することになりました。
各病院には取組みや得意な疾患があり、必要なリハビリテーション内容や事情は異なります。しかし疾患や障害に提供するリハビリテーション内容に差はありません。引き続き円滑に進めていきます。

~リハビリテーション科診療~
リハビリテーション練習を提供する疾患は以下の様で、外来診察に際して最初に目標・ゴールを示します。
①急性期疾患で入院された方の回復を促進するリハビリテーション。
②慢性疾患の急性増悪で入院された方の在宅生活に繋げるリハビリテーション。
③回復期・維持期の方は、在宅で行うリハビリテーションが中心なので、病院ですることは指導や現状の確認です。実際の練習指導は在宅チームや介護保険によるチームに連携し繋ぎます。

~専門と特色~
運動器、脳血管麻痺、内部障害(心臓大血管、呼吸)、癌にわたる各疾患別リハビリテーションをカバーします。特に、脳卒中・脳挫傷による麻痺やジストニアなどで痙縮が機能障害症例は、生活対応ができるようにボツリヌス製剤治療や薬剤治療にリハビリテーション練習を加えて治療します。また治療用や生活用に装具や義足の修理や変更などの相談が可能です。

当科での診療には病院内やかかりつけ医の先生からのご紹介が必要です。病院外からの方は火曜水曜午前中に診察します
リハビリテーションの目的やゴールは、障害の全部が元通りに戻ることではなく、地域や在宅で適応して生活できるように調整していくことです。そのために相談や援助を患者さんと一緒にする科です。