1. トップページ
  2. 医療機器の充実

医療機器の充実

平成30年4月30日に新築移転・開設した新病院では、救急診療室をこれまでの約4倍に拡張し、さらに手術室と透析監視装置を増設したほか、320列CTを2台設置し、3.0-T MRIや高性能の放射線治療システム(True Beam)、手術支援ロボット(da Vinci)、PET-CTを新たに導入するなど、医療機器や設備をこれまで以上に充実しました。

現有の1.5テスラに加え、3.0テスラMRIを増設し、2台体制となりました

シーメンス社製
「MAGNETOM Skyra」

予約期間が短く、緊急検査にも対応し、静音で検査でき画質も向上。悪性腫瘍や血管の微細な病変の早期発見・早期治療体制を強化致しました。

新鋭の320列検出器を登載したCTを増設しました

キャノンメディカルシステムズ社製
「Aquilion ONE」

現有の320列CTに加え、心臓や頭部を1回転で撮影でき、高速撮影が可能な最新鋭の320列CTを1台増設し、320列CTの2台体制となりました。迅速かつ低被ばくな検査 体制を整備しました。
管球速度が上がり、検出器の感度が向上するため、更なる低被ばくで画質向上が期待できます。

16cmの幅を1回転で撮影可能

手術支援ロボット『ダヴィンチ』を導入しました

インテュイティブサージカル社製
『da Vinci Xiサージカルシステム』

機能温存、術中出血量や合併症の低減、術後の疼痛軽減等、低侵襲で安心・安全な手術を行います。

心臓専用アンギオ装置を導入しました

フィリップス社製
「Allura Clarity FD10/10」

心臓カテーテルに特化した小口径フラットパネルを登載したバイプレーンアンギオ装置を導入し、心臓カテーテル治療を更に強化しました。検査・治療の時間を短縮し、造影剤の使用量も従来より減少します。

患者に接近した2方向透視が可能
フィリップス社製
「AlluraClarity FD20」

心臓・腹部に各々特化した装置を用い、検査の重複がなくなります。2台体制になり、緊急検査にも対応できます。

新鋭の高精度放射線治療装置(リニアック)を導入しました

バリアン社製
「True Beam」

患者様の治療部位に合わせ、より正確で最適な照射が可能な最先端の放射線治療装置を導入し、高精度照射等の低侵襲で効果的な放射線治療に取組みます。
X線エネルギーが4MV、6MV、10MVの3本を出力することができ、高線量率モード(FFF)を使用することにより短時間で治療することが可能で患者のスループットが向上できます。

キャノンメディカルシステムズ社製
「Aquilion LB」

治療専用CTにより精度が向上し、高精度治療ができるようになります。

トモシンセシス機能を有するマンモグラフィー検査機器を採用しました

富士フイルム社製
「Amulet Innovality」

a-Se直接変換FPDを搭載し、低線量化を実現、また新画像解析技術を搭載したi-AECの併用で乳房ごとの線量最適化を実現しました。また、乳房内部の構造を観察可能にするトモシンセシス機能を搭載しています。

全身治療効果の高い『キャビン型紫外線治療器』を導入、高輝度の紫外線治療器『VTRAC』を導入しました

PhotoMedex社製
『VTRAC 』(左)
Waldmann社製
『キャビン型紫外線治療器UV7002』(右)

全身に治療効果の高い光線を効率よく照射できるキャビン型紫外線治療器UV7002を皮膚科外来に導入しました。全身に皮膚病変のある症状の重い方にも対応可能です。
また、VTRACも導入し、従来の方法では治療効果の乏しかった皮膚病変に対しても有効性が期待できるとされています。