1. トップページ
  2. 診療科・センター
  3. 腎臓内科

腎臓内科

概要

あらゆる腎疾患に対応
血尿・蛋白尿などの健診異常から、軽度~高度な腎機能低下、ネフローゼ、膠原病・血管炎、糖尿病による腎臓病、緊急透析まで、幅広く対応しています。腎生検による診断も積極的に行っています。多発性嚢胞腎に対するトルバプタン治療も行っています。
透析患者さんの合併症に対応
透析ベッド数の増加に伴い、透析患者さんの循環器系合併症や感染症に対する対応ができるようになりました。緊急時には可能な限り受け入れをさせていただきます。シャント合併症にも適時対応しています。腹膜透析も行っています。
治療抵抗性高血圧症に対応
2次性高血圧症の診断や24時間携帯型血圧計を用いて合併症に応じたテーラーメイドの降圧治療を行っています。
慢性腎不全の病診連携
慢性腎不全患者には、浮腫、高血圧、アシドーシス、カルシウム・リンの異常(CKD-MBD)、腎性貧血などが生じ、治療は複雑です。病診連携によって患者さんの腎臓を長生きさせるようにつとめています。
電解質異常への対応
カリウム異常、ナトリウム異常、カルシウム異常など、電解質異常は腎臓内科の専門分野です。緊急対応もしています。

CKD計算ツール(外部リンク)

CKDとは「Chronic Kidney Disease (慢性腎臓病)」の略で、慢性に経過するすべての腎臓病を指します。ここでは、血液透析(HD)管理の指標、腹膜透析(PD)効率の指標、eGFRなどCKDに関する計算ができます。

適正HD指標の計算 Kt/V、nPCRなど
Kt/V, nPCRなど血液透析(HD)管理の指標を計算します。
在宅HD指標の計算 std Kt/V、HDP
在宅透析(HHD)など長時間や頻回透析の管理の指標を計算します。
PD効率の計算 weekly Kt/V、weekly Ccr
腹膜透析(PD)効率の指標を一日の総排液量と尿量、その内容から計算します。
推算糸球体濾過量(eGFR)計算、CKD重症度分類、Cockcroft-Gault式のCcr
年齢、性別、血清クレアチニン(Cr)値、シスタチンC値からeGFRを計算、尿タンパク量(糖尿病のかたは尿アルブミン量)と併せてCKDを分類します。
24時間蓄尿による尿蛋白定量、Ccr、蛋白摂取量、塩分摂取量計算
24時間蓄尿の結果から尿中の蛋白排泄量、クレアチニンクリアランス(Ccr)、蛋白摂取量、塩分摂取量などを計算します。

特色・トピックス

2016年7月から診療をはじめました若い診療科ですが、皆さまにご支援いただき急成長を遂げて参りました。今後も、「腎臓病のトータルケア」を患者様個々に提供することを目標に診療を行っていく所存です。

主な対象疾患

健診異常
高血圧、血尿、蛋白尿、腎機能低下など
腎疾患
慢性糸球体腎炎、多発性嚢胞腎、腎硬化症、糖尿病性腎臓病、虚血性腎症多発性嚢胞腎
膠原病・血管炎
ANCA関連血管炎、全身性エリテマトーデスなど
糖尿病
アルブミン尿や腎機能低下がある場合(Ⅰ型糖尿病を含む)
高血圧症
2次性高血圧症、治療抵抗性高血圧症

主な検査と治療

  • 腎生検
  • 血液透析・腹膜透析
  • 携帯型血圧計による24時間の血圧変動評価
  • 多発性嚢胞腎に対するトルバプタン治療

入院患者の主な疾病

2017年4月~12月(9ヵ月間)
腎生検 40件
慢性腎不全 36件
Ⅱ型糖尿病 15件
反復性および持続性血尿 12件
慢性腎炎症候群 6件
のう<囊>胞性腎疾患 5件
ネフローゼ症候群 4件
急性腎不全 4件
紫斑病およびその他の出血性病態 2件
Ⅰ型糖尿病 2件
アミロイドーシス<アミロイド症> 2件
急性進行性腎炎症候群 2件
その他の体液、電解質および酸塩基平衡障害 1件
急性腎盂腎炎 1件