公益財団法人 日本生命済生会 日生病院

〒550-0012 大阪市西区立売堀6丁目3-806-6543-3581

文字サイズ標準font_btn_l

公益財団法人 日本生命済生会 日生病院
検索

病理診断科

組織診断・細胞診断・病理解剖が当科の主な業務です。

  1. 組織診断:検査などで病変部から採取された組織および手術により切除された組織から標本を作製して顕微鏡で観察し、病変の確定診断や悪性度・進展度の評価を行います。
  2. 細胞診断:喀痰や尿・体腔液などの液性検体、子宮頚部・気管支などの擦過検体、リンパ節・甲状腺・乳腺などからの穿刺検体から細胞成分を採取し、標本を作製して顕微鏡で観察し、病変の確定診断や悪性度評価を行います。
  3. 病理解剖:ご遺族の同意を得た上で解剖を行わせていただき、亡くなられた患者さんの死因・病態・治療の効果などを正確に把握し、今後の医学の発展および診療水準の向上をはかります。

当院は、日本病理学会認定登録病院、日本臨床細胞学会認定病院を取得しています。
病理学的診断を正確に行うために、臨床各科との密な情報交換を行い、正確な診断と最適な治療法の選択ができるようにしています。またCPCを開催し、研修医の教育・研修の質の向上にも取り組んでいます。

診断および検査精度の向上を図るために、外部精度管理に参加しているほか、免疫組織学的および遺伝子検査手法を積極的に取り入れて、病理学的診断を正確に行うように努めています。

新規診療内容としては
2013年7月からは、HER2遺伝子検査に関して、院内実施(DISH法の導入)を開始、12月からは、乳腺外科と共同で術中センチネルリンパ節生検に関して、OSNA法の導入を行い、客観的な診断を可能にしています。

当科では、診断および検査精度の向上を図るために、外部精度管理に参加しているほか、免疫組織学的および遺伝子検査手法を積極的に取り入れて、病理学的診断を正確に行うように努めています。
乳癌・子宮癌は、近年いずれも増加傾向にある病気です。当院では、乳癌手術におけるOSNA法の導入、婦人科頚部細胞診における液状化細胞診の導入を行っています。
いずれも導入されているのは、大阪府下でもまだ数病院の先進的な医療機器です。
臨床各科がよりよい診療を提供できるように、日々検査精度の向上を図っております。
安心して当院臨床各科を受診ください。

乳癌手術におけるOSNA法の導入、婦人科頚部細胞診における液状化細胞診の導入は、大阪府下でもまだ数病院の先進的な診療です。該当するような患者様は是非ご紹介ください。
その他の病理検査・細胞診検査に関しても積極的に診療精度の向上を図っております。
安心して当院臨床各科にご紹介ください。

他施設の病理検査・細胞診検査に疑問などある場合には臨床各科を通じて当院にご紹介ください。当院での再検査等を含めて対応いたします。