公益財団法人 日本生命済生会 日生病院

〒550-0012 大阪市西区立売堀6丁目3-806-6543-3581

文字サイズ標準font_btn_l

公益財団法人 日本生命済生会 日生病院
検索

心臓血管外科

平成29年4月より「心臓血管外科外来」を開設し、診療を開始しております。当科は大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科と密接に連携しており、大阪大学医学部附属病院の心臓血管外科医師が外来診療をし、大動脈弁狭窄症や解離性大動脈瘤など致死的疾患の手術適応の評価、患者様への説明、術式の提示をしております。

あらゆる心臓血管外科手術に対応します。

  • ●弁膜症
  • ●大動脈瘤・大動脈解離を中心とする大動脈手術
  • ●心筋梗塞・狭心症
  • ●先天性心疾患
  • ●低侵襲心血管手術
  • ●重症心不全症例に対する再生医療・補助循環治療
  • ●閉塞性動脈硬化症
  • ●下肢静脈瘤など
~「低侵襲治療」についてのご案内 ~  患者さんに最高・最良・最適な治療を目指して
高齢かつ重篤な合併症を併存している心血管系の患者さんが増加しており、通常の手術術式では、やはり成績が不良であるのが現状であります。当科は大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科と密接に連携しております。大阪大学医学部附属病院では早期より大動脈瘤に対するステントグラフト手術を導入し、世界でも有数の症例数と成績を得られるようになり、あらゆる心臓血管外科疾患に対応できると自負しております。さらに近年、大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル的大動脈弁置換術を日本で最初に開始し、現在まで400例を超える患者さんを治療しております。
当科は大阪大学心臓血管外科医師が外来診療をし、手術の適応があると考えられた症例は、大阪大学医学部付属病院、あるいはその関連病院に紹介し、対応を依頼します。

このたび外来を担当させていただく大阪大学心臓血管外科医師は、重症症例を含むあらゆる症例に対応でき、かつ低侵襲治療を導入することで術後も患者さんのADLを落とすことなくかつ質の高い医療を提供出来るよう心がけております。手術治療の可能性のある循環器疾患、また、今までは手術ができない高齢あるいは合併症を併存した症例に対しても積極的に治療できますので、どうぞご気軽にご連絡ください。