公益財団法人 日本生命済生会 日生病院

〒550-0012 大阪市西区立売堀6丁目3-806-6543-3581

文字サイズ標準font_btn_l

公益財団法人 日本生命済生会 日生病院
検索
  1. 日生病院ホーム
  2. 日生病院について
  3. リハビリテーション室

リハビリテーション室

当院のリハビリテーション室は、室長は整形外科部長が兼務責任者として、理学 療法士、作業療法士が従事しています。 各診療科からのオーダーに対して、急性期の患者さんだけでなく急性期を脱した長期臥床に陥っている亜急性期の患者さんに対してもきめ細やかな対応を行っています。急性期の患者さんに対しましては、日常生活の低下を来さないために術後あるいは発症早期からベットサイドにて開始し、全身状態の確認を行いながら最良な運動量にて行っています。亜急性期の患者さんにおきましても最良な運動量はさることながら、日中臥床傾向にある場合には活動量を上げるためにできるだけ座位で過ごす時間を増やし、活動不足による悪影響から断ち切るべく内容のリハビリプログラムを立案し実践しています。

リハビリ治療の効果は定期的に評価・報告し、医師を中心とした多職種での合同カンファレンスを通じて目標設定を統一し、早期の社会復帰を目指して取り組んでおります。例えば自宅への退院をスムーズに行うために、入院中に自宅を訪問して家屋環境の調整を行うなどの退院前訪問指導を行ったり、退院後の身体機能の評価を患者さん宅でおこなう訪問リハビリも実施しています。 家庭でできる運動指導や介助方法,福祉用具の選定などの相談も行っていますので、お困りの方はリハビリテーション室までお問い合わせ下さい。

今後も、皆さまから満足していただけるリハビリテーション室にしていきたいと考えております。

運動器リハビリテーション(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅱ)
がんリハビリテーション