1. トップページ
  2. 診療科・センター
  3. がん治療センター

がん治療センター

概要

がんは日本の死因第1位であり、年間30万人以上ががんで亡くなられています。今や、男性の2人に1人、女性の3人に1 人ががんに罹患すると言われており、高齢化に伴って更に増加することが予想されます。
国を挙げてがん対策に取り組まれるようになり、「がん対策基本法」「がん対策推進基本計画」が制定されました。
大阪府でも「がん対策推進計画」が作られ、当院は大阪府がん診療拠点病院に指定されています。

日本生命病院では、早期がんでの鏡視下手術の取り組み、消化器がんに対する内視鏡的粘膜切除術の導入、呼吸器外科の新設等がん治療の充実に努めてまいりました。
また、病院全体を横断的に管轄する「がん治療センター」を運営しています。がん治療の3つの柱である手術、化学療法、放射線治療を組み合わせ、安全で適切な治療を提供するとともに、緩和ケアやがん治療に関する相談・情報提供など、患者様・ご家族を医療チームがサポートしていく体制を充実させてまいります。

特色・トピックス

手術療法
ガイドラインに基づいた標準治療を基本として行い、低侵襲の内視鏡外科手術を積極的に行っています。
化学療法
化学療法運営委員会において、「有効性と安全性に関して科学的な根拠が明確である」と認められた治療方法を用いており、専用の管理システムで薬剤の投与量・投与時期のチェツクを行い、専任の薬剤師が調剤し、外来専用治療室で専任の看護師の管理のもとで安全に実施しています。
放射線療法
専従の放射線治療専門医が高エネルギーの治療機器(強度変調放射線治療:IMRT)を用いて適切な治療を実施いたします。
リハビリテーション
がん治療を受けられる患者様の生活の質を維持するべく、リハビリテーション科がリハビリテーションを積極的に行います。
更に、ニッセイ訪問看護ステーション、地域の医師会・介護ステーションの方々と協働して、地域の患者さまとそのご家族の療養を支援しています。

院内がん登録

院内がん登録を完全なものとして、がん診療実績を公表します。

がん相談支援センター

がん相談外来

「がん相談支援センター」では、がんに関するご相談をお受けします。看護師、医療ソーシャルワー力一など専門のスタッフと連携を取り、患者様・家族、地域の皆さんの悩みを解決するお手伝いをします。

対象 がんの患者様・ご家族など
対応時間 月曜日~金曜日 9時~17時
費用 無料(但し、がん患者指導管理料として保健診療のコストがかかる場合があります)
担当者

がん性疼痛看護認定看護師、がん看護専門看護師・がん化学療法看護認定看護師、乳がん看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、医療ソーシャルワー力一

相談内容
  • 病気の説明を聞いたけど、よくわからないから少し聞いてみたい
  • 治療方針を提示されたけど、どうしたらよいか迷っている
  • セカンドオピニオンをしてみるか迷っている
  • 気持ちが沈み、不安が強いのでどうしたらよいのか
  • 痛みや食欲がないなど身体の不調があり困っている
  • 治療費がかかるのではないか?
  • 医療用麻薬を処方されたが、副作用などが心配

緩和ケアチーム

緩和ケア

「がん治療の初期段階からがん治療と一緒に受けるもので、患者様とご家族の身体的、精神的つらさを緩和する医療です。

緩和ケアチーム

がんの痛みなどのつらい症状や、不安などの精神的な苦痛を和らげ、患者様とそのご家族がその人らしい生活を送れるようにお手伝いする専門チームです。緩和ケアチームの担当医師や専従看護師が病室にお伺いをし、週1回は、緩和ケアチームメンバー全体でカンファレンスと回診を行っています。緩和ケアチームのメンバーは、麻酔・緩和医療科医師、精神科医師、がん性疼痛看護認定看護師、薬剤師、臨床心理士、医療ソーシャルワー力一、理学療法士などの多職種から構成されています。それぞれの専門性を活かし、入院中の患者様やご家族の身体や気持ちの「つらさ」を緩和できるよう、主治医や担当看護師と協力しながらお手伝いさせて頂きます。患者様とご家族は、がんのあらゆる時期における緩和ケアを受ける事ができます。診察をご希望の方は、いつでも主治医や担当看護師にご相談ください。

対象となる症状、相談内容

  • 痛みがある
  • 息苦しさがある
  • 痛み止めの薬の飲み方がわからない、副作用がある
  • 吐き気がある
  • おなかがはって苦しい
  • 不安やイライラ感がある
  • 夜が眠れない
  • 気分が落ち込む、恐れといった心のつらさ
  • ご家族の立場として、どのようにすればよいかわからない ...etc

身体症状の中で介入依頼が多いものは'痛み'で、適切な薬剤・投与経路を選択します。特に早期に必要な薬剤量の調整を行う必要がある場合には、点滴で薬剤を投与します。
神経ブロック、放射線療法なども状況に応じて積極的に施行しています。また腹水に対する治療(腹水濾過濃縮再静注法)も行っています。
精神症状で介入依頼が多いものは主に'適応障害'、'うつ'、'せん妄'で、早期に必要な薬物治療などを行い、苦痛緩和をはかっています。