公益財団法人 日本生命済生会 日生病院

〒550-0012 大阪市西区立売堀6丁目3-806-6543-3581

文字サイズ標準font_btn_l

公益財団法人 日本生命済生会 日生病院
検索

がん治療センター

がんは日本の死因の第1位であり、年間30万人以上ががんで亡くなられています。いまや男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんを経験するといわれていますが、 高齢化に伴い、がんはますます増えることが予想されます。国を挙げてがん対策に取り組まれるようになり、 「がん対策基本法」「がん対策推進基本計画」が制定されました。大阪府でも「がん対策推進計画」が作られ、当院は大阪府がん診療拠点病院に指定されています。

日生病院では、早期がんでの鏡視下手術の取り組み、外来専用治療室や血液・化学療法内科の設置等、以前よりがん治療の充実を  図り、病院全体を横断的に管轄する「がん治療センター」を運営しています。がん治療の3つの柱である手術、化学療法、放射線治療を組み合わせ、安全で適切な治療を提供するとともに、緩和ケアやがん治療に関する相談・情報提供など、患者様・ご家族を医療チームがサポートしていく体制を充実させてまいります。

がん治療センター長 川上 学

がん治療の3つの柱である手術療法、化学療法、放射線治療を組み合わせ、安全で適切な治療を提供いたします。また、がん診断時からの「緩和ケアチーム」による緩和ケア、「がん相談支援センター」での専門スタッフによるがん治療に関する相談など、患者様・ご家族のサポート体制を充実しています。

手術療法

ガイドラインに基づいた標準治療を基本として行い、低侵襲の内視鏡外科手術を積極的に行っています。

化学療法

化学療法診査委員会において、「有効性と安全性に関して科学的な根拠が明確である」と認められた治療方を専任の薬剤師が調剤し、外来専用治療室でがん看護専門看護師の管理のもとで安全に実施しています。

放射線治療

高エネルギーの治療機器(強度変調放射線治療:IMRT)・放射線治療専門医によって適切な治療を実施いたします。

更に、日生訪問看護ステーション、地域の医師会・介護ステーションの方々と協働して、地域の患者さまとそのご家族の療養を支援しています。

院内がん登録を完全なものとして、がん診療実績を公表します。

緩和ケアとは、主に悪性腫瘍(がん)の患者様の苦痛を軽減し、患者さまとそのご家族がより豊かに生活を送ることができるように援助する治療やケアのことです。どのような症状や問題でも、早い時期から良い方法を探すことが効果的です。

対象 当院入院患者様を対象とさせていただていおります。
症状 ・痛みがある
・息苦しさがある
・痛み止めの薬の飲み方がわからない、副作用がある
・吐き気がある
・おなかがはって苦しい
・不安やイライラ感がある
・夜が眠れない
・気分が落ち込む、恐れといった心のつらさ
・ご家族の立場として、どのようにすればよいかわからない 等

患者様と主治医、病棟看護師との関係は、今まで通り変わりありません。また治療の中心は主治医となりますのでご安心ください。緩和ケアチームによる診療・援助は、診察が開始された時点から中止または退院までとなります。