1. トップページ
  2. 診療科・センター
  3. 放射線診断・IVR科

放射線診断・IVR科

概要

当院は放射線専門医とIVR専門医の修練施設に認定されており、放射線診断・IVR科では、各種画像診断、核医学診断、IVR(画像下に穿刺針や力テーテルを操る技術を利用して外科的手術をすることなく、治療する手技で、悪性腫瘍に対する動注や塞栓、出血に対する止血、血管閉塞に対する拡張・ステント留置、膿瘍や胆道閉塞に対する穿刺・ドレナージなど)を行っています。
新病院では以下の画像検査機器を備えています。

一般撮影装置2台、320列CT装置2台、MRI装置2台(3T、1.5T)、アンギオ装置2台、乳房撮影装置、PET/CT装置、X線TV撮影装置2台、骨塩定量検査装置、結石破砕装置、ガンマカメラ

特色・トピックス

CT・MRIの各2台体制
最新鋭の機器を導入して診断精度の向上とともに、機器を増やすことで検査待ちの解消を図ります。ワークステーションを駆使して、収集した画像データを加工して分かり易い3次元画像を提供します。とくに、血管、気管、消化管の診断能力の向上が期待されます。
PET/CTの導入
骨シンチや脳血流シンチなどの既存の核医学検査に、PET/CTが加わりました。
PET/CTは、癌の進展度診断や再発の早期診断に有効とされているほか、将来的に認知症の評価ツールとなることが期待されています。PET診療の専門医を招聘して診療に臨みます。
IVRの充実
アンギオ装置、透視台、CT、USを用いた画像ガイド下に、血管領域・非血管領域の各種IVRを施行します。時間外の緊急IVR適応症例(消化管や気道の出血、産科出血、臓器損傷など)にもスタッフがオンコール体制で対応します。

主な検査と治療

各種画像検査
単純X線診断、CT、MRI、消化管造影、乳房撮影、排池性尿路造影、骨塩定量、血管造影など
核医学検査
骨・腫瘍・脳血流・甲状腺・肺血流・肺換気・腎など各種シンチグラフィー
IVR(画像下治療)
血管系
TACE/TAI(肝細胞癌)、TAE(喀血、消化管出血、産科出血、子宮筋腫、脾破裂など)、B-RTO(静脈瘤)、静脈採血(副腎腫瘍・膵ラ氏島腫瘍)、PTA(透析シャント、下肢動脈)など
非血管系
穿刺・ドレナージ(嚢胞、膿瘍、胆道閉塞)、ステント留置、US/CT/透視下生検(腫瘤)など

検査数実績

2019年1月~12月(12ヵ月間)
一般撮影 30,474件
CT 15,002件
MRI 7,068件
ポータブル撮影 3,680件
MMG 1,295件
手術室撮影 1,157件
RI 923件
造影検査 775件
心カテ・PCI 626件
PET/CT 421件
リニアック(新患) 187件
血管造影・IVR 137件