公益財団法人 日本生命済生会 日生病院

〒550-0012 大阪市西区立売堀6丁目3-806-6543-3581

文字サイズ標準font_btn_l

公益財団法人 日本生命済生会 日生病院
検索

整形外科

主な疾患(治療方法)

MIS-UKA(人工膝関節)の特徴

  • 1.手術方法について

    • 皮膚の切開が8~10cmであり、それほど目立ちません。
      (従来の人工関節は16~20cmの傷あとが残ります)
    • 術後膝可動域が大きい。(よく曲がる)
    • 手術による出血が少ない。(輸血を必要としません)
  • 2.リハビリと入院期間について

    • 痛みも少ないため、リハビリも早く行えます。
      (術後2週で杖歩行、3週で階段昇降を目標としています)
    • 手術後、約1ヶ月を退院の目安としています。
    • 術後膝可動域が大きい。(よく曲がる)
  • 3.手術適応について

    • 通常の人工膝関節全置換術(TKA)に比べて 適応が厳格です。
      変形性膝関節症や膝関節骨壊死などの疾患において、主な障害部位が
      片側(単顆型)であること
    • 手術後、約1ヶ月を退院の目安としています。
    • 年齢は70歳以上の高齢者を原則とします。
    • 関節リウマチ(RA)は非適応であり、従来の人工膝関節全置換術(TKA)を行ないます。
  • 4.術後レントゲン写真

    • MIS-UKAでは片側の関節のみ置換されています。