平成27年度 日生病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 439 83 417 949 964 752 1311 1701 1108 202
当院は、地域に対し予防・治療・在宅まで一貫した総合的な医療サービスを提供することを理念に掲げている。幅広い年齢層の患者の診療を行っているが、子宮や卵巣の良性腫瘍に対する腹腔鏡手術の件数が多いことから30歳代及び40歳代の女性の患者が比較的多いことが特徴である。90年近い歴史を有しているため、地域に根ざした総合病院として幅広い疾患に対応できる地域の中核病院としての役割を担っている。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 260 3.75 3.07 0.77% 71.14
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 97 8.87 4.87 0.00% 69.39
050130xx99000x 心不全 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 97 29.12 18.30 5.97% 83.39
循環器内科の最も多い症例は狭心症などに対する心臓カテーテル治療のための入院、およ び治療前、治療後の心臓カテーテル検査のための入院である。なお心臓カテーテルによる治療は狭心症だけではなく、心筋梗塞などの症例でも 施行しており、緊急症例にも積極的に対応している。外科的治療が必要な症例は心臓血管外科のある医療機関と連携している。また、症例数が 3番目に多いのは心不全の治療である。心不全の患者の平均年齢 は 80 歳を超え、後期高齢者の患者が多くなっている。このような患者には薬物治療に加え、可能な方には心臓リハビリテーションも併用した治療を行っている。
消化器内科     
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 182 1.49 7.38 0.00% 58.79
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 98 1.79 7.91 0.00% 66.30
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 3.15 7.01 0.00% 62.90
消化器内科では、胃・十二指腸の出血性潰瘍、難治性潰瘍の治療、大腸のポリベクトミー、大腸憩室炎の治療、腸閉塞の治療、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)の薬物療法などの入院が多い。その他、ウイルス性慢性肝炎に対する抗ウイルス療法、自己免疫性肝疾患の診断と治療、肝硬変の治療および肝細胞がんに対する肝動脈化学塞栓療法、ラジオは焼灼療法、分子標的治療、全身化学療法を行っている。また、総胆管結石に対する採石術、超音波内視鏡による膵腫瘤の診断および膵がんの化学療法も行っている。
総合内科    
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 160 11.10 15.35 0.00% 63.13
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 96 13.90 14.34 2.08% 70.22
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 3.69 3.29 0.00% 70.57
総合内科は、内分泌・糖尿病、膠原病・リウマチ、呼吸器疾患を対象に診療を行っている。平成27年度は、(1)教育入院を含む2型糖尿病の治療、(2)近隣の医院や高齢者施設から紹介された誤嚥性肺炎を初めとする肺炎の治療、(3)肺がんの気管支鏡診断および抗がん剤や緩和ケア目的の治療入院が多かった。総合内科では、生活習慣病やがんの増加など、人口高齢化に伴う疾病構造の変化に対応した診療を行っている。
血液・化学療法内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 20 27.85 17.69 0.00% 71.50
130010xx97x2xx 急性白血病 手術・処置等2-2あり 18 36.17 43.59 5.56% 61.83
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 20.23 10.85 7.69% 76.46
血液・化学療法内科の最も多い入院症例は、悪性リンパ腫に対する化学療法を目的とした患者である。多くの場合、入院にて化学療法の第1コースを行い、第2コース以降は可能な限り外来での化学療法をを行っている。次に多いのは、急性白血病に対する化学療法目的の入院である。治療は無菌室管理下で行い、一部の患者は、同種造血幹細胞移植を目的として他病院へ紹介を行っている。
神経内科    
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 27 33.52 18.08 18.52% 73.22
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 57.86 21.69 14.29% 80.07
010160xx99x00x パーキンソン病 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 51.17 19.00 0.00% 75.75
神経内科の入院では脳血管障害の中の脳梗塞が最も多く、次いで変性疾患の中のパーキンソン病が多い。症例数は多くないが脊髄小脳変性症等の診療も行っている。診断群類別症例数においては、これら神経内科疾患の進行した状態における合併症としての誤嚥性肺炎も大きな比重を占めている。
消化器・一般外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 19 11.11 7.84 0.00% 59.89
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 16 9.00 6.96 0.00% 58.13
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 15.71 17.41 0.00% 68.43
診断群分類症例数の多い順に、胆嚢炎、胆石症、結腸がんの症例となっている。その他には胃がん、腸閉塞、虫垂炎などの症例が多く,消化器領域の多様な疾患に広く対応しており、消化器がんに対する化学療法も行っている。
平成28年度からは、これまで以上に腹腔鏡下手術を積極的に導入しており、胆嚢疾患以外に、大腸がん、胃がん、ヘルニアなどさまざまな疾患に対して腹腔鏡下手術を行っている。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 35 6.09 4.66 0.00% 59.29
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 31 13.58 6.79 0.00% 57.42
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 24 16.46 11.63 0.00% 57.42
乳腺外科では、入院中はクリティカルパスを使い早期の退院を目指し、安全に安心して退院・社会復帰できるようにサポートしている。入院中にリハビリ、リンパ浮腫の指導も実施している。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 374 8.24 6.34 0.00% 41.74
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 135 7.08 6.50 0.00% 38.55
120100xx01xx0x 宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病名なし 85 7.39 8.05 0.00% 37.46
産婦人科では、子宮筋腫の手術で入院される患者が最も多くなっている。次いで、卵巣の良性腫瘍、子宮内膜症(チョコレート嚢腫、子宮腺筋症)の手術で入院される患者となっている。 これらの婦人科良性疾患に対して、より低侵襲な腹腔鏡下手術、子宮鏡手術を多数行っているのが当院産婦人科の特徴の一つである。これらの手術症例では、手術の前日に入院していただき、入院期間は7日または8日となっている。続いて、卵巣の悪性腫瘍(卵巣がん)、子宮の悪性腫瘍(子宮頸がん、子宮体がん)、性器脱(子宮脱など)の手術で入院される患者も増加してきている。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 131 5.83 5.72 0.76% 3.11
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 4.89 6.17 21.28% 0.00
030270xxxxxxxx 上気道炎 37 4.54 4.83 2.70% 1.49
小児科で最も多い症例は肺炎・気管支肺炎などの呼吸気感染症である。次いで多いのが嘔吐や下痢を主症状とする急性腸炎で代表される消化器感染症となっている。保育園・幼稚園での集団生活の低年齢化に伴って入院を必要とする症例が増加しており、その多くが感染症例のため常に院内感染に留意する必要がある。また、かかりつけ医からの紹介による緊急入院、それも初診が多いのが小児科の特徴である。感染症を疑う場合には個室隔離のうえ持続点滴により診療を行い、軽快退院後の治療は紹介元のかかりつけ医に依頼している。
神経科・精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 52 36.90 21.79 3.85% 62.92
01021xxxxx0x0x 認知症 手術・処置等1なし 副傷病なし 13.61
01021xxxxx0x1x 認知症 手術・処置等1なし 副傷病あり 36.82
神経科・精神科の入院診療は医療法に基づき、他診療科との混合病棟にて治療を行っているため、ADLが概ね自立し行動制限の必要が無いことが前提である。症例数が最も多いのは気分障害となっている。人格特性の把握や心理教育が有用な症例、並存疾患が重要である症例、心身の問題を一元的に特定できにくい症例など、総合病院精神科の特性が有用になる場合が多くみられる。次に、軽症の認知症の入院加療が増加している。高齢の患者では一見精神面の悪化にみえても身体的問題が隠れていることが多いため身体科との協働体制が重要で、これも総合病院精神科の特徴である。
整形外科  
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 53 41.81 27.21 1.89% 79.42
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 29 46.59 28.70 24.14% 80.55
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病名なし 16 23.63 21.52 0.00% 76.13
整形外科では、変形性膝関節症や関節リウマチ等で膝関節痛が強い患者には人工関節置換術を行っている。骨粗鬆症に伴う下肢骨折に対しては、早期手術・リハビリにて良好な成績を得ている。また、圧迫骨折に対しても入院加療を行っている。
皮膚科   
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 105 8.14 8.97 0.00% 63.62
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 47 11.02 11.97 0.00% 56.72
080100xxxxxxxx 薬疹、中毒疹 20 15.45 11.65 0.00% 54.35
皮膚科で最も多い入院は帯状疱疹である。高齢者、血液疾患、担がん患者、その他免疫抑制状態などで帯状疱疹の重症化が疑われる症例では入院による抗ウィルス剤の投与を行っている。また神経痛が高度や、その他顔面神経麻痺などを疑う症例も入院加療している。入院期間は点滴期間が7日のため8.1日は適切である。2番目に多い疾患は蜂窩織炎、丹毒など皮膚細菌感染症となっている。入院にて抗生剤を十分量投与し、安静を保つことにより早期に症状改善と再発防止に良好な結果を得ている。
泌尿器科  
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置1なし 手術処置2なし 72 9.03 7.59 0.00% 75.88
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術処置1なし 定義副傷病名なし 32 2.88 2.89 0.00% 57.44
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 20 11.25 10.25 0.00% 75.75
泌尿器科で最も多い入院は、診断群類別症例数には上がっていないが前立腺針生検の患者である。この検査は当科受診時や健康診断、人間ドックなどで測定された腫瘍マーカーPSA(前立腺特異抗原)が高く前立腺がんが疑われたときに1泊2日の入院にて行っている。
次いで多いのは膀胱がんに対する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)を受ける患者である。この手術では術後に膀胱内に抗癌剤を注入する場合としない場合でDPCコードの分類が異なるため、実際の膀胱がんの患者数は72名より多い。
3番目に多いのは腎結石や尿管結石に対する体外衝撃波結石破砕術を受ける患者である。結石の状態によっては経尿道的尿路結石除去術を施行する場合もある。
耳鼻咽喉・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 48 7.29 8.20 0.00% 26.42
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 47 6.00 5.33 0.00% 35.87
030428xxxxxxxx 突発性難聴 40 4.28 9.60 0.00% 54.75
耳鼻咽喉・頭頸部外科で最も多い症例は慢性扁桃炎での口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術を行う患者である。次に、急性扁桃炎や咽頭喉頭炎で咽頭痛、嚥下痛のために食事摂取が困難になり入院治療を要する症例が多い。その他、急性難聴の突発性難聴も準緊急疾患として入院の上標準的治療を行っている。
救急診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし 40 1.20 2.54 0.00% 31.68
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 30 11.80 14.34 0.00% 60.00
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 28 15.36 12.60 3.57% 71.75
意識障害患者を含め、呼吸器、尿路系の感染症を中心に敗血症など全身状態の悪化した症例の受け入れ対応を行っている。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 UICC TNM分類 7
大腸癌 UICC TNM分類 7
乳癌 31 29 UICC TNM分類 7
肺癌 26 UICC TNM分類 7
肝癌 11 UICC TNM分類
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、我が国に多い5大がん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん及び乳がん)の治療を行う病院として、大阪府がん診療連携拠点病院の指定を受けている。年間の初発がん件数は約400件であり、このうち約半数が5大がんである。その他のがん(悪性腫瘍)として、血液系(白血病・悪性リンパ腫など)、婦人科系(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなど)、泌尿器科系(腎がん、膀胱がんなど)、耳鼻咽喉科系(咽頭がん・喉頭がん・甲状腺がんなど)の治療を行っている。各々のがんの治療に当たっては、多職種により構成されたチームがキャンサーボードを開催し集学的治療を提供している。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 43 7.49 49.49
重症度 1 46 14.89 76.91
重症度 2 16 16.19 82.94
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
当院では、軽症の患者数が最も多いが、重症度高い患者の治療も行っている。表に示す通り重症度が上がると治療日数が延長し、罹患年齢も高くなっている。高齢で糖尿病・循環器疾患・他の呼吸器疾患などの合併症を有している患者では重症化しやすい。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 10 13.70 74.20 2.86%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 35 38.74 72.06 14.29%
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
当院には脳神経外科がないため、脳出血や急性脳梗塞の患者数は多くない。
内科的治療にて回復が望める場合は当院で治療を行っているが、外科的治療が必要な症例は脳神経外科のある医療機関と連携して治療を行っている。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 92 4.35 5.20 0.00% 70.04
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 21 4.33 7.24 0.00% 72.81
K616 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 14 0.14 17.71 0.00% 68.21
循環器内科の手術症例数は、診断群類別症例数と比例している。最も多い手術は狭心症などに対する経皮的冠動脈ステント留置術である。なお経皮的冠動脈ステント留置術は、狭心症だけではなく、心筋梗塞などの症例、緊急症例も積極的に対応し行っている。 外科的治療が必要な症例は心臓血管外科のある医療機関と連携している。また、手術数が2番目に多い四肢の血管拡張術・血栓除去術は下肢動脈閉塞症に対する治療である。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 96 0.56 1.11 0.00% 61.82
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 42 1.45 13.07 0.00% 70.29
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 16 4.00 6.81 0.00% 65.31
消化器内科では、肝がんに対する肝動脈塞栓療法、総胆管結石に対する内視鏡的乳頭切開術及び、ERBD,ENBDと砕石術、ステント留置術、
胃・十二指腸のポリベクトミーと食道及び胃の早期悪性腫瘍に対する粘膜下剥離術(ESD)等を行っている。
消化器・一般外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 38 2.58 9.63 2.63% 59.61
K6335 鼠径ヘルニア手術 30 1.67 6.27 0.00% 69.57
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 13 3.38 19.31 0.00% 73.77
手術件数の多い順に、腹腔鏡下胆嚢摘出術、鼠径ヘルニア手術、胃癌に対する切除術となっている。その他には結腸がんに対する切除術、腹腔鏡下虫垂切除術等が多くなっている。平成27年度では全体の約4割の手術が腹腔鏡で行われた。平成28年度からはさらに腹腔鏡下手術の割合が増加しており、より多くの患者に低侵襲かつ精密な手術治療が提供できるよう努力している。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K474-3 乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術 34 0.00 1.03 0.00% 56.03
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 31 2.97 9.61 0.00% 57.42
K0821 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 16 2.38 12.25 0.00% 58.63
乳がんに対する乳房温存術は全体の60%~70%程度であるが、最近は全摘術+再建術も増加している。又、1泊入院でのステレオガイド下マンモトーム生検術も施行している。
産婦人科  
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 212 1.16 6.35 0.00% 46.79
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 206 1.05 5.11 0.00% 37.81
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 203 1.06 6.12 0.00% 37.59
産婦人科で最も多い手術は腹腔鏡下腟式子宮全摘術であり、それらの多くは子宮筋腫の患者である。腹腔鏡手術は開腹手術に比して低侵襲であり、術後の回復も早く、入院期間の短縮と言った利点がある。
次いで、卵巣の良性腫瘍、子宮内膜症(チョコレート嚢腫)に対し子宮付属器腫瘍摘出術(腹腔鏡)を多く行っている。
また子宮筋腫と診断された患者が妊孕性温存を希望の場合は、腹腔鏡下子宮全摘(核出)術を行っており、これらはいずれも腹腔鏡手術で、開腹術に比して患者様の体への負担が少ない治療方法である。
当科では患者の病態に合わせた治療法を選択し、病気の根治と患者の生活の質を配慮した治療を行っている。

整形外科 
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 60 5.44 38.27 1.61% 78.13
K082 人工関節置換術(股) 13 3.38 34.85 0.00% 69.85
K0462 骨折観血的手術(前腕) 13 4.00 19.31 0.00% 75.38
膝関節痛が強く日常生活に支障がある場合、人工関節手術を行っている。大腿骨頚部骨折に対しては骨折のタイプ別に手術方法を使い分けている。
泌尿器科 
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 50 1.38 6.92 0.00% 75.36
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 31 0.29 1.45 0.00% 57.45
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 26 1.12 7.31 0.00% 76.46
泌尿器科で最も多い手術は、膀胱がんに対する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)である。当院では従来から行われているモノポーラ電極による手術と生理食塩水を灌流液として用いるバイポーラ電極による手術を行っており、診療科別主要手術別患者数で両方が上位になっている理由はそのためである。病理結果による腫瘍の状態を確認には2回目のTUR-Btが推奨されており、当院でも必要に応じて行っている。
次いで多いのは腎結石や尿管結石に対する体外衝撃波結石破砕術である。当院で用いている結石破砕装置は電磁誘導式で衝撃波を発生させており痛みも少なく破砕効率も良好な結果を得ている。

耳鼻咽喉・頭頸部外科  
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 60 1.43 4.97 0.00% 26.13
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) 16 1.00 5.44 0.00% 48.44
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) 15 0.00 3.60 0.00% 64.40
耳鼻咽喉科・頭頸部外科の手術で最も多いのは、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術である。また、声帯ポリープ手術も平均年齢が上がるにつれて増加している。高齢者になるにつれ、咽頭に腫瘍が発生する症例も増加する。腫瘍摘出術の適応となった症例の平均年齢は67歳である。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 14 0.18%
180010 敗血症 同一 15 0.19%
異なる 21 0.26%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.23%
異なる
播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症の患者の70%は他疾患の合併症として発症している。DIC及び敗血症の発生率を全DPC病院の発生率(平成26年度)と比較すると、各々+0.01%、-0.01%であった。
これら疾患の発生率を減少させるために感染対策チーム(ICT)により抗菌剤の適正使用および感染症予防の取り組みも実施している。
更新履歴