平成29年度 日本生命 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 404 90 507 871 982 733 1267 1676 1178 255
当院は、地域に対し予防・治療・在宅まで一貫した総合的な医療サービスを提供することを理念に掲げている。29年度より30年4月の新病院開院にむけ腎臓内科、形成再建外科、心臓血管外科、脳神経外科、血液浄化センター、救急診療センター、脳機能センター等の設置や機能充実をはかり、現在、27診療科・7診療センターにて幅広い年齢層の患者の診療を行っている。29年度は移転のため若干の診療制限を実施したが、その影響もなく前年度以上の退院患者となった。年齢階級別では前年と同様に70代の患者数が最も多く、高齢なると有病率が高くなることは一般的だが、当院の特徴として子宮や卵巣の良性腫瘍に対する腹腔鏡手術の件数が多いことから30歳代及び40歳代の女性の患者も多い。開院後90年近い歴史がある中、30年3月には、大阪府より地域支援病院の指定を受け、今後さらに地域の中核病院としての役割を担って行けるよう、地域の皆様にとって安心、安全で高度な医療を提供して行きたい。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 233 3.78 3.03 0.43% 69.62
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 121 7.60 4.62 0.00% 69.07
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 64 28.84 17.71 3.13% 82.28
050050xx99200x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_2あり 処置2なし 定義副傷病なし 49 3.55 3.19 0.00% 69.12
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む),再発性心筋梗塞 その他の手術あり 処置等1_なし,1あり 処置2なし 定義副傷病なし 19 26.26 12.72 10.53% 75.00
循環器内科では心筋梗塞(急性・陳旧性)狭心症などに対する心臓カテーテル検査のための入院が最も多い。当院では心臓カテーテルによる検査・治療は基本、検査入院(在院日数:3.8日)カテーテル治療入院(平均在院日数:7.6日)程度の入院期間で実施している。また外科的治療が必要な症例や外科的治療がより安全な症例については当院血管外科を通じて大阪大学病院心臓血管外科または心臓血管外科のある近隣施設に紹介している。また、症例数が 3番目に多いのは心不全の治療である。心不全の患者の平均年齢 は 80 歳を超え、後期高齢者の患者が多く、平均在院日数(28.8日)も長くなっている。急性心筋梗塞症例についても日勤滞、夜間帯共に積極的に対応している。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 118 2.54 2.68 0.00% 66.34
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 42 11.33 10.61 0.00% 71.95
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 手術なし 33 1.97 3.02 0.00% 74.70
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 処置2なし 33 14.42 11.44 0.00% 75.30
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 32 5.84 7.87 0.00% 63.22
消化器内科では、大腸小腸の患者が最も多く、大腸ポリープのポリベクトミーの患者が第1、他の大腸小腸の良性疾患の患者も第3位、大腸憩室炎などの憩室性疾患が第5位をしめ、内視鏡的治療を主とした大腸疾患に対する治療を行っている。次いで総胆管結石や膵胆道癌による急性胆管炎、閉塞性黄疸の患者が2番目に多く、また、肝・肝内胆管の悪性腫瘍患者も多く、肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓療法、ラジオ焼灼療法の対象患者が4位であり、肝・胆道領域の疾患に対しても内視鏡、IVR、薬物も用いた専門的な治療を行っている。その他、上部消化管疾患、膵疾患に対する診療も行っている。
総合内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 71 5.73 3.59 1.41% 69.55
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 25.64 20.83 0.00% 84.55
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 57 19.39 19.65 3.51% 71.98
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85歳未満 44 5.23 11.16 0.00% 58.50
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 85歳未満 37 14.32 14.63 0.00% 65.95
総合内科は、内分泌・糖尿病、膠原病・リウマチ、呼吸器疾患を対象に診療を行っている。平成29年度は、 教育入院を含む2型糖尿病の治療入院、肺がんの気管支鏡診断および抗がん剤や緩和ケア目的の治療入院、高齢者の誤嚥性肺炎、特発性を初めとする間質性肺炎が多かった。昨年度と比べ超高齢者に多い誤嚥性肺炎が増加しており、在院日数も長い傾向にある。引き続き、生活習慣病や肺がんの増加など、人口高齢化に伴う疾病構造の変化に対応した診療を行い、地域の医療機関との連携も強化してゆく。
血液・化学療法内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 処置2_2あり 20 38.35 40.97 5.00% 62.75
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 19 32.32 16.48 0.00% 69.79
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 処置2_4あり 定義副傷病なし 17 43.82 33.42 5.88% 72.82
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 処置2_4あり 定義副傷病なし 17 23.18 21.28 0.00% 69.53
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 13 11.92 15.47 0.00% 77.69
血液・化学療法内科において最も入院が多いのは、悪性リンパ腫に対する化学療法を目的とした患者である。引き続いて急性白血病、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫等の血液悪性疾患が多い。急性白血病の化学療法は入院において継続するが、それ以外の疾患においては、第1コースを除いて極力外来にて行っている。特発性血小板減少症などの良性疾患がそれに続く。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 12 13.08 6.28 0.00% 67.33
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 49.92 18.66 0.00% 72.92
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 11 36.18 20.20 0.00% 76.00
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
最近の神経内科の入院の特徴は脳血管障害と同等に変性疾患であるパーキンソン病や認知症の割合が増加していることにあります。これは、人口の高齢化が関与していると考えられ、今後もこの傾向は継続すると思われます。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 13.80 12.23 2.22% 64.69
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 15.67 7.35 0.00% 46.1
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし
140550xx99x1xx 先天性嚢胞性腎疾患 手術なし 手術・処置等2あり
糖尿病性腎症、IgA腎症を主とする腎炎、高血圧による腎硬化症が、腎不全原因の3大疾患です。腎生検を含めた早期診断・早期治療を積極的に行っています。多発性嚢胞腎の治療、原因が明らかでない腎不全患者さんへの対応件数も増えてきています。
*平成28年6月新設診療科(実績:平成28年度入院患者数63名)平成29年度入院患者数 177名
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 7.60 7.40 0.00% 57.05
060160x002xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 6.09 4.85 0.00% 69.71
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 20 6.85 6.64 5.00% 59.20
060030xx99x3xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-3あり 18 5.00 7.42 0.00% 66.39
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 17 5.82 7.01 0.00% 40.47
"診断群分類症例数の多い順に、胆嚢炎、鼠径ヘルニア、胆石症、小腸の悪性腫瘍、虫垂炎の症例となっている。その他には結腸がん、胃がん、、腸閉塞などの症例が多く,消化器領域の多様な疾患に広く対応しており、消化器がんに対する化学療法も行っている。
平成28年度からは、これまで以上に腹腔鏡下手術を積極的に導入しており、胆嚢疾患以外に、大腸がん、胃がん、ヘルニアなどさまざまな疾患に対して腹腔鏡下手術を行っている。"
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 25 12.20 12.35 0.00% 66.28
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
040170xxxxxx0x 抗酸菌関連疾患(肺結核以外) 副傷病なし
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり
当科で扱う疾患は、原発性肺癌が最も多く、その他転移性肺腫瘍や縦隔腫瘍、自然気胸などがあります。未診断肺腫瘍で画像上肺癌が疑われるが、気管支鏡検査等で確定診断が得られない場合、胸腔鏡下生検で肺癌と診断し、引き続いて根治手術を行うケースもあります。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置2なし 23 15.17 10.15 0.00% 60.87
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 20 2.65 3.96 0.00% 47.75
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 18 4.94 4.42 0.00% 61.06
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 18 7.22 4.49 0.00% 59.00
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし
乳腺外科では、入院中はクリティカルパスを使い早期の退院を目指し、安全に安心して退院・社会復帰できるようにサポートしている。また、形成外科と協力し一期的、二期的再建術も施行している。入院中にリハビリ、リンパ浮腫の指導も行い、リンパ浮腫指導認定施術士、研修終了医師によるリンパ浮腫外来も実施している。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 364 7.65 6.28 0.00% 42.38
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 124 7.24 6.37 0.00% 39.69
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病なし 116 7.42 7.70 0.00% 38.36
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 108 11.07 9.27 0.00% 70.31
120140xxxxxxxx 流産 60 2.40 2.43 0.00% 33.60
産婦人科では、子宮筋腫の手術で入院される患者が最も多くなっている。次いで、卵巣の良性腫瘍、子宮内膜症(チョコレート嚢腫、子宮腺筋症)の手術で入院される患者となっている。 これらの婦人科良性疾患に対して、より低侵襲な腹腔鏡下手術、子宮鏡手術を多数行っているのが当院産婦人科の特徴の一つである。これらの手術症例では、手術の前日に入院していただき、入院期間は7日または8日となっている。続いて、骨盤内臓器脱(子宮脱など)、流産となっている。その他、
子宮の悪性腫瘍(子宮頸がん、子宮体がん)の手術目的にて入院される患者も増加してきている。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮,低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 88 6.05 6.18 20.45% 0.00
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 65 6.71 5.94 0.00% 0.62
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 43 6.67 5.70 0.00% 3.28
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 33 5.45 5.50 3.03% 4.21
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 定義副傷病なし 31 8.13 6.32 0.00% 2.35
小児科で最も多い疾患は、肺炎・気管支肺炎などの呼吸気感染症で、次いで多いのが嘔吐や下痢を主症状とする急性腸炎で代表される消化器感染症である。保育園・幼稚園での集団生活の低年齢化に伴って入院を必要とする症例が増える傾向がみられる。当科は、このような疾患に対しては、かかりつけ医からの紹介による緊急入院にもすぐに対応し、軽快退院後は紹介元のかかりつけ医に依頼する診療体制をとっている。ところで、当院は年間約500の分娩があり小児科管理を必要とする症例も多い。重症化が疑われる新生児については、早い段階で新生児集中治療室(NICU)のある医療機関を紹介している。
神経科・精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 50 44.40 19.36 2.00% 63.28
01021xxxxx0x0x 認知症 手術・処置等1なし 副傷病なし
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
010300xxxxxxxx 睡眠障害
当院神経科・精神科では、従来より気分障害(感情障害)の診断群が最も多い。神経症性・ストレス関連・身体表現性障害・睡眠障害も近縁・合併の診断群である。人口の高齢化を背景に、最近は認知症の診断群が増加し、初期認知症(パーキンソン病に伴う認知症を含む)に対する機能画像・神経心理学・精神生理学的検査法とスタッフの診療体制を充実させている。検査入院体制も開始している。入院病床は精神保健福祉病床でなく他科との混合病棟であるため、行動制限の必要がなく日常生活自立度が保たれていることが必要である。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤,不安定椎 脊椎固定術,椎弓切除術,椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 前方椎体固定等 処置2なし 52 28.40 21.70 5.77% 73.00
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 45 45.38 27.09 28.89% 79.96
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 44 34.45 25.09 6.82% 75.25
070350xx97xxxx 椎間板変性,ヘルニア その他の手術あり 20 16.95 16.53 0.00% 49.40
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤,不安定椎 その他の手術あり 処置2なし 20 22.00 17.28 0.00% 70.75
整形外科で多い入院症例は、下肢痛を有する腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など腰椎変性疾患、日常生活に支障をきたしている変形性膝関節症、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、高齢者の大腿骨近位部骨折である。上記疾患に対しては積極的な手術治療を行っている。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 82 8.56 8.95 0.00% 66.39
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 53 13.00 11.73 0.00% 63.19
080140xxxxx0xx 炎症性角化症 処置2なし 21 17.81 16.90 0.00% 59.62
080050xxxxxxxx 湿疹,皮膚炎群 13 11.46 10.50 0.00% 56.38
080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹
皮膚科で最も多い入院は帯状疱疹である。高齢者、血液疾患、担がん患者、その他免疫抑制状態などで帯状疱疹の重症化が疑われる症例では入院による抗ウィルス剤の投与を行っている。また神経痛が高度や、その他顔面神経麻痺などを疑う症例も入院加療している。入院期間は点滴期間が7日間連日投与のため8.56日は適切である。2番目に多い疾患は蜂窩織炎、丹毒など皮膚細菌感染症となっている。入院にて抗生剤を十分量投与し、安静を保つことにより早期に症状改善と再発防止に良好な結果を得ている。3番目に多い疾患が乾癬である。乾癬やアトピー性皮膚炎の難治性皮膚疾患の専門外来を設け、重症な場合は早期の緩解導入および悪化要因精査を目的に入院治療を行っている。また、食物アレルギーや薬疹の原因精査も行っている。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 82 2.01 2.67 0.00% 69.74
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 39 8.74 7.31 0.00% 76.92
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 処置1なし 定義副傷病なし 32 2.25 2.73 0.00% 58.16
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 21 5.57 5.75 0.00% 64.05
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 17 11.53 9.73 0.00% 73.24
泌尿器科で最も多い入院は、前立腺針生検の患者である。この検査は当科受診時や健康診断、人間ドックなどで測定された腫瘍マーカーPSA(前立腺特異抗原)が高く前立腺がんが疑われたときに1泊2日の入院にて行っている。 次いで多いのは膀胱がんに対する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)を受ける患者である。この手術では術後に膀胱内に抗癌剤を注入する場合としない場合でDPCコードの分類が異なるため、実際の膀胱がんの患者数は39名より多い。 3番目に多いのは腎結石や尿管結石に対する体外衝撃波結石破砕術を受ける患者である。4番目に多いのは同じ尿路結石でもレーザーを用いた経尿道的尿管結石砕石術である。その他男性における排尿障害の最も多い原因である前立腺肥大症に対する経尿道的に行う手術である。当院では逆行性に行う核出術を中心として行っている。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 106 2.08 2.85 0.00% 74.75
020370xx99xxxx 視神経の疾患 手術なし
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼
眼科入院で主なものは水晶体再建術であり、ほとんどの眼科入院を占めている。その他視神経炎、視神経症に対するステロイドパルス療法を入院させて行っており、またごくわずかであるが難症例の白内障患者に対し、必要に応じて硝子体切除術等を行っている。
耳鼻咽喉・頭頚部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 53 7.77 5.15 0.00% 67.04
030230xxxxxxxx 扁桃,アデノイドの慢性疾患 30 6.27 8.01 0.00% 26.77
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 24 7.08 7.23 0.00% 56.67
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし 22 5.59 5.48 0.00% 31.91
030428xxxxxxxx 突発性難聴 12 6.92 9.18 0.00% 60.58
耳鼻咽喉・頭頸部外科で最も多い症例は前庭機能障害(めまい症状)での入院である。続いて慢性扁桃炎での口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術を行う患者である。次に多いのは慢性副鼻腔炎となり内視鏡下副鼻腔手術による根治目的での入院が主である。次の扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎は咽頭痛、嚥下痛のために食事摂取が困難になり入院治療を要する症例が多く、その他、急性難聴の突発性難聴も準緊急疾患として入院の上標準的治療を行っている。
形成再建外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 31 3.77 4.14 0.00% 61.29
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 17 5.47 3.29 0.00% 74.88
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 17 9.24 8.50 0.00% 65.18
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 11 4.73 4.86 0.00% 48.73
130030xx97x00x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし
形成外科では色素性母斑や軟線維腫などの良性皮膚腫瘍、また表皮嚢腫や脂肪腫などの良性皮下腫瘍を数多く扱っている。また皮膚科と合同で皮膚悪性腫瘍や良性軟部腫瘍の治療も行っている。高齢化に伴い、老人性の眼瞼下垂患者も増加しており、症状によって様々な治療法で対応している。また血液内科からの依頼で血液疾患由来のリンパ節腫大も対応している。上記以外に外傷も数多く扱っており、緊急で創傷処理に対応している。
救急診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病なし 225 1.26 2.66 0.00% 28.89
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 27 18.26 12.34 0.00% 78.33
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 26.33 20.83 22.22% 88.78
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 1.88 3.58 6.25% 37.75
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 14 2.79 5.15 0.00% 58.79
意識障害患者を含め、呼吸器、尿路系の感染症を中心に敗血症など全身状態の悪化した症例の受け入れ対応を行っている。診療科の選定が明らかでない症例も含め、内因外因にかかわらず、急性病態に対応する方針としている。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 31 1 5 28 4 3 1 7
大腸癌 12 18 28 25 2 12 1 7
乳癌 39 30 6 4 1 21 1 7
肺癌 85 0 18 30 8 9 1 7
肝癌 8 7 6 21 4 36 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、我が国に多い5大がん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん及び乳がん)の治療を行う病院として、大阪府がん診療連携拠点病院の指定を受けている。年間の初発がん件数は約550件(H28年度約500件)であり、このうち約半数が5大がんである。その他のがん(悪性腫瘍)として、血液系(白血病・悪性リンパ腫など)、婦人科系(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなど)、泌尿器科系(腎がん、膀胱がんなど)、耳鼻咽喉科系(咽頭がん・喉頭がん・甲状腺がんなど)、皮膚科系(皮膚がん)の治療を行っている。また、形成再建外科では、がんの切除およびその修復(再建)、乳房再建の治療も行っている。各々のがんの治療に当たっては、多職種により構成されたチームがキャンサーボードを開催し集学的治療を提供している
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 45 8.77 59.49
中等症 8 15.00 83.75
重症 84 17.88 79.19
超重症 4 49.75 82.75
不明 0 0 0
当院では、中等症の患者数が最も多いが、重症度の高い患者の治療も行っている。重症度の高い患者ほど在院日数は長く、罹患年齢も高い傾向がみられる。高齢者の中でも糖尿病・循環器疾患・他の呼吸器疾患などの合併症を有している患者では重症の患者が多い。29年度は28年度に比して患者数が20名程度増加した。罹患者の年齢をみると70歳以上が多く、年齢階級別患者数が示すように70歳以上の患者数増加に比例している。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 31 38.77 75.94 22.22
その他 5 29.00 67.40 0.00
当院には29年度時点では脳神経外科がないため、脳出血や急性脳梗塞の患者以外の内科的治療にて回復が望める場合は当院で治療を行い、外科的治療が必要な症例は脳神経外科のある医療機関と連携して治療を行っていた。30年度からは、しかし、30年度より脳神経外科を新設、急性期の脳疾患への対応が可能となった。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 116 3.03 5.14 0.00% 70.18
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 13 8.62 4.38 0.00% 69.54
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 13 0.15 14.08 15.38% 75.69
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)
循環器内科では狭心症に対しての経皮的冠動脈ステント留置術を最も多く実施しており平均在院日数は約8日程度である。カテーテル治療では手術を控えた症例についてはバルーンのみで冠動脈形成術や屈曲部病変については薬剤溶出性ステントを用い症例に応じた治療を実施している。高齢患者や糖尿病患者、腎障害合併例の増加に伴い、下肢閉塞性動脈硬化症についても積極的に経皮的血管形成術を実施している。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 109 0.63 1.39 0.00% 66.75
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 33 5.64 8.64 0.00% 75.79
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 31 1.90 15.1 0.00% 74.74
K654 内視鏡的消化管止血術 20 0.75 7.9 0.00% 67.25
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 18 1.44 1.89 0.00% 66.56
消化器内科の手術症例数は、大腸ポリープの内視鏡的粘膜切除術が最も多く、2cm未満のポリープに対する内視鏡手術が第1位、2cm以上のポリープに対する内視鏡手術も第5位をしめる。次いで、総胆管結石や膵胆道癌による急性胆管炎、閉塞性黄疸に対するERCP関連手技による内視鏡的手術が多く、内視鏡的胆道ステント留置術が第2位である。また、肝細胞癌に対する治療も積極的に行っており肝動脈化学塞栓療法の症例数が第3位、消化管出血に対する内視鏡的消化管止血術が第4位である。その他、食道及び胃の早期悪性腫瘍に対する粘膜下剥離術(ESD)、膵癌に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検細胞診(EUS-FNA)も行っている。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 136 4.35 5.15 1.47% 58.88
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 68 1.06 4.03 0.00% 69.71
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 36 4.11 19.5 0.00% 68.78
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 30 1.13 4.33 0.00% 42.67
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 18 1.00 18.56 0.00% 63.89
手術件数の多い順に、腹腔鏡下胆嚢摘出術、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術などとなっている。その他には、腹腔鏡下虫垂切除術、胃がんに対する腹腔鏡手術等が多くなっている。平成28年度から以前より積極的に鏡視下手術に取り組んでおり、全身麻酔手術症例の約3/4が腹腔鏡下手術で行われている。より多くの患者に低侵襲かつ精密な手術治療が提供できるよう努力している。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 15 2.40 8.80 0.00% 66.93
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 11 3.27 4.64 0.00% 37.73
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他)
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)
肺癌に対しては胸腔鏡手術がほとんどで、一部の進行例には開胸手術を行っています。低侵襲性と根治性を考慮しながら術式を選択しています。自然気胸は全例胸腔鏡手術で行い、再発防止のために付加処置を行っています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 14 2.86 9.93 0.00% 68.50
K474-3 乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術 12 0.00 1.00 0.00% 45.58
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満)
K4768 乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わない))
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))
乳がんに対する乳房温存術は全体の60%~70%程度であるが、最近は全摘術+再建術が増加しており形成外科と協力し一期的、二期的再建術も施行している。良性腫瘍の手術も行い、1泊入院でのステレオガイド下マンモトーム生検術も施行している。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 222 1.07 5.13 0.00% 37.91
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 207 1.07 6.08 0.00% 46.52
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 153 1.04 6.16 0.00% 38.05
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 59 1.03 8.37 0.00% 69.68
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 53 1.16 0.18 0.00% 33.47
"当院産婦人科では、子宮筋腫および卵巣腫瘍といった良性腫瘍を数多く取り扱っている。
子宮筋腫に対しては腹腔鏡下腟式子宮全摘術および、妊孕性温存を希望の場合は腹腔鏡下子宮筋腫核出術を行っている。卵巣腫瘍、子宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢腫)などに対しては腹腔鏡下子宮付属器(卵巣)腫瘍手術を多数行っている。腹腔鏡手術は開腹手術に比して術創が小さく低侵襲であり、術後の回復も早いため入院期間の短縮と言った利点がある。
高齢化に伴い骨盤臓器脱が増加しているといわれている。それらに対してはメッシュを用いた修復術(TVM手術など)を施行しており、徐々に症例数は増加している。
当科では患者の病態およびニーズに合わせた治療法を選択し、病気の根治と患者の生活の質に配慮した治療を行っている。"
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 63 2.62 28.78 4.76% 72.95
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 55 3.42 23.69 5.45% 72.15
K0461 骨折観血的手術(大腿) 31 4.26 35.19 25.81% 79.06
K0811 人工骨頭挿入術(股) 24 5.21 33.04 25.00% 79.33
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 21 3.95 18.76 0.00% 71.57
膝関節痛が強く日常生活に支障がある場合、人工関節手術を行っている。坐骨神経痛が強く日常生活に支障がある場合、腰椎椎体間固定術や開窓術を行っている。大腿骨頚部骨折に対しては骨折のタイプ別に手術方法を使い分けている。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 32 0.13 1.59 0.00% 58.31
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 25 1.16 8.76 4.00% 78.88
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 22 1.27 9.18 0.00% 75.14
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 15 1.40 11.53 0.00% 74.87
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 13 1.62 3.08 0.00% 64.15
泌尿器科で最も多い手術は膀胱がんに対する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)である。電解質溶液利用とその他でコードが違うため分類されているが基本的には同じ手術である。次に多い手術は1番目に表示されている腎結石や尿管結石に対する体外衝撃波結石破砕術である。次いで多いのは経尿道的前立腺手術であるがここに表示されているのは電解質溶液利用の症例数であるが実際その他の溶液を用いることもあり実数は少し増えることになる。その他尿路結石に対しレーザーを用いた経尿道的尿管結石砕石術も症例数が増えてきている。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 104 0 1.06 0.00% 74.59
K279 硝子体切除術
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入)
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)
眼科手術で最も手術件数の多いものは水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合(その他))である。病院の性格上、チン小帯脆弱等の合併症のある症例も多く、水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)や水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合(縫着レンズ挿入))も実施している。
耳鼻咽喉・頭頚部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 68 1.15 4.03 0.00% 27.18
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 30 1.00 5.67 0.00% 57.53
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) 18 1.00 5.33 0.00% 40.11
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 12 0.83 3.83 0.00% 51.00
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除)
耳鼻咽喉科・頭頸部外科の手術で最も多いのは、慢性扁桃炎、IgA腎症に対する口蓋扁桃摘出術である。内視鏡下鼻・副鼻腔手術は、手術紹介も多くなり症例数が増加している。甲状腺手術は良性腫瘍、悪性腫瘍ともに増加傾向である。
形成再建外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 0.25 5.81 0.00% 71.31
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 13 0.00 2.08 0.00% 66.38
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 11 0.27 3.00 0.00% 52.73
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 11 0.09 3.00 0.00% 55.73
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)
形成外科の予定手術のほとんどが腫瘍切除である。内訳としては色素性母斑や軟線維腫などの良性皮膚腫瘍切除術、皮膚癌疑いの全切除生検、表皮嚢腫や脂肪腫などの良性皮下腫瘍切除術である。また外傷にも緊急で対応し、創傷処理も数多く施行している。上記以外にも眼瞼下垂や乳癌術後の乳房再建、瘢痕修正術など数多く施行し、幅広い範囲の形成外科疾患に対応している。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00%
異なる 11 0.15%
180010 敗血症 同一 11 0.15%
異なる 13 0.18%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 4 0.50%
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.20%
異なる 3 040%
播種性血管内凝固症候群(DIC)および敗血症の患者の約69%(H28年度75%・H27年度70%)は他疾患の合併症として発症している。当院では、これら疾患の発生率を減少させるために感染対策チーム(ICT)により抗菌剤の適正使用および感染症予防の取り組みをおこなっている。手術・処置等の合併症予防対策としては、手術・処置等のような侵襲的治療において合併症は免れ得ないが呼吸器ケアチームや手術室看護師による術前訪問の取り組みを行っている。
更新履歴